トロッコ動物病院

長野県飯田市上郷黒田1011-1
tel.0265-24-1065

ブログ:予防のこころ

30年前の犬の平均寿命をご存じですか?

 

寿命表

 

30年前、1986年における犬の平均寿命はなんと平均6.5歳

2009年以降犬の平均寿命は15.1歳にまで延びたというデータがあります。

参考文献:日本獣医師会誌64(2011)

 

飼育環境の向上はもちろんの事、獣医療もまた発展してきました。

その中のひとつにフィラリア予防があります。

犬のフィラリア予防薬のひとつ「イベルメクチン」が販売された年が1987年です。

 

犬の寿命が延びた事は他の要因(食事の改善・屋内飼育の増加)も関与していますが、フィラリア予防が確立したことが大きいと考えられています。

 

今でこそ、愛犬家にとってフィラリア予防はごく当たり前のことですが、予防薬が販売される1987年以前はそうではありませんでした。

たった30年前、愛犬のフィラリア感染は死を覚悟するものだったのです。

 

Xp

南信州でもフィラリア症が発生しています。 上のレントゲン写真は予防をしていなかったWコーギーで、 『逆D』と呼ばれる形に心臓が変形しています。

 

昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智博士

博士が発見された細菌(放射菌)が産生する物質がイベルメクチン(フィラリア予防薬)となりました。

動物薬として販売が開始された1987年に人体薬としての承認を得て、

翌年1988年からアフリカの熱帯病のオンコセルカ症・疥癬の治療薬として毎年2億人以上の健康に貢献しています。

 

現在フィラリアに対する知識・予防により犬フィラリア症は昔と比べ少なくなりました。

しかし、予防が十分にされていない地域があるのもまた実情です。

ここ飯田下伊那地区でもフィラリアに感染している子がいます。

感染犬がいるということは、愛犬がフィラリアに感染する可能性が十分にあるということです。

 

フィラリアによって30年前は救えなかった犬達がいます。

しかし今は予防ができる時代になりました。

「うちの子は大丈夫だ」「過去の病気だ」と思わずに、しっかりと予防を行い、愛犬をフィラリアから守ってあげてください。

アップ